ヴァイオリニスト・熊澤洋子


4歳の頃からバイオリンを始める。学生の頃に、東欧のロマ(これまでジプシ−と呼ばれて来た人々)の音楽に出会い、演奏するようになる。その後、ルーマニア・ブルガリアを始めとする東欧文化圏の多種多様な音楽に触れ、クラシック音楽とは異なる、地域性豊かなバイオリンの奏法に取り組むようになる。2003年には初のCD「ロマのうた」を「しげとくま」というユニットで発表、2004年にはルーマニア・ブルガリアへ渡り、音楽の根ざす現地をフィールドワークし、造詣を深めた。ダンス音楽への関心から、東欧のフォークダンスの研究家や愛好家とのコラボレーション、中近東のベリーダンスのダンサーとのコラボレーションなども数多く開催、一方で、ジプシー・スウィングやジャズ、ロック、ポップス等でも、小曽根真氏、あがた森魚氏、高野寛氏をはじめとする様々なアーティストの舞台やレコーディングに参加し、今日までジャンルを超えた幅広い活動を全国で続けている。国内ではどうしても敷居の高いものと思われがちなバイオリンとその音楽を、地域に根差した音楽などの演奏を通じ、また教室などを通じ、より身近で親しみやすいものに感じてもらおうと、音楽活動を続けている。 熊澤洋子ホームページ:http://www.violin-kuma.com/


FCCD2004 しげとくまのロマのうた/しげとくま

このアーティストの次のCDへ >


1:バサラビアンガール (3:55)
? ? ?バサラビア民謡
2:ひばり (2:20)
? ? ?ハンガリー民謡
3:黒い瞳 (3:08)
? ? ?ロシア民謡
4:ジプシーメドレー (5:36)
? ? ?ハンガリー民謡
5:マーチホラ (1:57)
?? ? ?ルーマニア民謡
6:チャルダーシュ (3:50)
?? ? ?ハンガリー民謡
7:はりねずみのピクニック (4:57)
?? ? ?熊澤洋子オリジナル
8:セリペ (3:58)
?? ? ?マケドニア民謡

9:おひさまのように (1:57)
?? ? ?熊澤洋子オリジナル

参加ミュージシャン

しげとくま
Violon:熊澤洋子
Guitar:岡田しげひろ(SCIGHESTEIN)
Guest
Accordion:津田兼六(7)
Bass:廣田昌世(4,7)
Recorded at Fiddle Club,August 2003 録音&ミックス:大矢貞夫
写真:阪口明弘(なぞちゅう)・Tomach ArtWork & illustration:土屋洋子(とまと)
プロデュース:米田豊(フィドル倶楽部)

参考URL

威圧系ジプシーユニット「しげとくま」のページ

トラッドジプシーとジプシースゥイングを、あくまでもスピーディーに演奏する非癒し系爆裂デュオ、それが「しげとくま」。
ギターとヴァイオリンで止めても止めても走りつづける合法暴走族です。あたかもネズミ捕りにつかまったようなユーモラスな熊澤洋子初のオリジナル「はりねずみのピクニック」にはインナーにイラスト付でさながら絵本のような楽しみ方もできます!
ミュゼットジャズバンドから津田兼六と廣田昌世もゲスト参加。
CD9曲目に収録されている熊澤洋子のオリジナル「おひさまのように」。
音楽いろいろドットコムではCD未収録の伴奏付きバージョンをお聞きいただけます!
威圧系の演奏だけではない、熊澤洋子の魅力をお聴きください。
※JASRAC非管理楽曲で著作権は熊澤洋子に帰属します。

価格

2,000円

関連おすすめCD

ジプシー&マカフェリ好きには:ジプシースゥイング・ジャズトリオ「カフェマヌーシュ」
クラシック界のジプシー音楽の扱、気になりませんか?:片桐仁美「メゾソプラノリサイタル2002」
ゲスト参加のベースの廣田昌世が主宰のコントラバス3本によるユニット「BassBassBass ざ・低音一家」

在庫 あり
購入枚数

このアーティストの次のCDへ >


© Ongaku1616.com All Right Reserved. Designed by POP-Yah