BassBassBass ざ・低音一家(コントラバス3人によるトリオ)


  廣田昌世が主宰となって2002年にたちあげた、 三人のコントラバス奏者によるジャズやクラシックの要素を 取り入れた独自のサウンドを追求するユニット。 現在のメンバーは岡田亜矢子、権上 康志。トリオを基本に本格的にライヴ活動を開始。 個性的なオリジナル曲からスタンダード、モダンジャズ、ラテンナンバーと幅広いレパートリーを持つ。 現在、ライヴスポットやコンサートに出演するなど、関西を中心に活躍中。 ステージにコントラバスが並ぶ姿は、さながら陣を張っているかのようである。

ざ・低音一家について


JMCK-1041 Coloreado−コロレアド ・ BassBassBassざ・低音一家

< 前作のCDへ



<ご注意>
このCDは特殊なマスタリングになっており、試聴の際音量は小さい
です。(続けて他のCDを試聴される際は、音量にご注意ください
また、このCDに限りMP3でなくWAVで短時間の試聴になっております。
その理由については後述・解説をご覧ください。


1 疾走する緑 Verdor centellante   / 廣田昌世

2 にくめない団長(褐色のブルース)Inaborresible mayoral
   / 廣田昌世

3 紫の職人Artesano de purpura   / 廣田昌世

4 アドリア海(碧の群像)Mar ADRIATICO /岡田 亜矢子

5 金の頭脳 Cerebro dorado / 中村 新太郎

6 黄いろの悪魔 Demonio amarillo  /  廣田昌世

7 マノス(白い手の記憶)  Manos encendidas /岡田 亜矢子

8 黒への階段  Ni leche ni chocolate / 権上 康志

9 紅い風     Viento rojo / 廣田昌世

10 緑のサイハテ Verde incommensurable / 廣田昌世


参加ミュージシャン

廣田 昌世  | HIROTA Masayo : Contrabass (right/8center)
岡田 亜矢子 | OKADA Ayako : Contrabass (left)
権上 康志 | GONJO Yasushi : Contrabass (center /8right)

Gest Player
中村 新太郎 | NAKAMURA Shintaro : Contrabass (4.5.9.10 mid left )

参考URL

 

えっ?コントラバスばかり? なんだか、もんもん鳴ってるだけではないの?
そんなことはありません

その大きなボディ から、ふくよかな音、表現力を持ち、弦楽器ならではの重厚感を持っています。
コントラバスは、数百キロにも及ぶ張力がかかっており、広い音域を もっています。

ですのでアレンジしだいで、低い楽器イコール暗い・・・などというイメージなんて吹き飛ばすことができます。

ジャズとクラシック界で活躍中のメンバーと共に立ち上げられ、
関西を中心に活動を行う。2008年秋に1stCDアルバム「ルナ・デ・グリス<灰色の月>」
がおーらいレコードよりリリース、スタンダード曲やオリジナルを収録。

2010年11月16に、おーらいレコードより待望のセカンドアルバムリリース。
アルバム参加メンバーは組長・廣田昌世に、岡田亜矢子、権上康志、ゲストプレイヤーとしてに東京より中村新太郎氏を迎えました。
コロレアドでは前作を上回る徹底した生音作りに挑みました。
ノーコンプ、効果音以外にはノーリバーヴ、録音時・ミックス時の周波数カットも行っていません。
オーディオ再生用にはもってこい!!と思いますが、それだけではなく
各曲のタイトルが織り成す色や情景を楽しんでいただければと思います。

ジャズを基調とし、とても明るく軽快な曲から、大地の風景描写曲、ラテン音楽のリズム、
セカンドアルバムにおいては各メンバーによる個性的なオリジナル曲をぜひ聞いてみてください!

価格

2,500円

関連おすすめCD

 

在庫 あり
購入枚数

< 前作のCDへ


© Ongaku1616.com All Right Reserved. Designed by POP-Yah